対話型風俗の歴史

対話サロン イリアイの前身は
対話型レズ風俗リリーヴ
という女性間性サービス店です

どうして今日利用したのか
誰のために
なんのために
性的なことがしたいのか
風俗店のくせに
そんな質問を繰り返した
少し風変わりなお店の歴史

劇画似顔絵:吉田孝弥 作

橘 みつ

「自分のことは自分が一番知っている」
そうだけど、そうじゃない瞬間もある
 
自分ですらわかんないことをほどいて、 
言葉にして、落とし込むこと
それって意外と、
友達とはできなかったりしない?

独りで考えるのに疲れたら、
手伝わせてほしいよ

れい 

孔子曰く「不惑」の歳を過ぎましたが
人生迷うことばかり!
風俗という世界では稀かもしれませんね
リリーヴ最年長キャスト、帰って参りました

年齢やライフステージなど、
タイミングで諦めてきたことを
これから一緒に叶えていきませんか?

ふみよ

あの日
ふとしたきっかけで知った世界 

 怖いような、いけないような、 
 それでもやめられない 
 もっと自分の体のことを理解したい 

 私の悩み考え迷って得てきたもの
一つ一つが  誰かに寄り添う
きっかけになれるのかな

ゆら

いま感じていること・考えてること
何がしたいかわからなくても
ぐちゃぐちゃな気持ちでも
そのまま持ってきてほしいです

一度 すべて預けてみたら
少しずつ自分の心と体の声に
気づいてあげられるかもしれない
そんな柔らかい時間を
一緒に紡ぎたいな

みどり

いま自分はどこにいるのか
なりたい自分までどうやって向かうか
誰に、どんな言葉で聞けばいいのか
迷って困ったあの日 ふと助けられた
心身一如 という見方

担任でもない、保護者でもない
「白衣のあの人」を目指して
あなたの心と身体 両方に触れたい